SEO

検索ユーザー目線に立ったサイト作成が何よりのSEO対策

SEO対策といえば「キーワード比率の調整」「被リンクの獲得」などが有名です。確かに、それらを意識しサイトを作成することも重要だといえるでしょう。しかし、一番重要なことはあくまで「検索ユーザー目線に立ったサイト作成」だということを忘れないようにしましょう。
一時期は自分で被リンクを生産したり被リンクを購入したりといったブラックハットSEO対策が主流でした。無理やり自分のサイトの価値を押し上げ、検索エンジンに対してアピールする手法であり、実際にその方法で上位表示されたサイトも数多くあります。しかし、現在ではそういったブラックハットSEO対策は基本的に無意味であり、逆にインデックス削除や順位低下などのペナルティ対象となっています。
その理由は、それこそ検索ユーザー目線のサイトではないからです。無理やり価値を押し上げなければならないサイトは、検索ユーザーにとって有益なサイトではありません。本当に良いサイトであれば、クリック率や離脱率の観点から、自然と順位が上昇するようになっています。
検索ユーザーにとって良いサイトを作成しようとすれば、自然とキーワードはサイト内に散りばめられます。また、良いサイトであれば拡散もされることでしょう。その結果、自然な被リンクの獲得にも繋がります。つまり、検索ユーザー目線でサイトを作成することが、究極のSEO対策だといえるのです。

TOPICS

  • SEO対策業者を選ぶ際には比較サイトを活用してみましょう

    SEO対策を外部の専門業者に委託する場合、どの業者と契約すればいいのかが問題となってきます。SEO対策業者も多くありますので、いくつか…

    MORE
  • SEO対策業者を比較するなら比較サイトが便利

    SEO対策業者はピンからキリまであるため、初めて利用する人にとってはどこを選べばいいのか分からないということも少なくありません。満足の…

    MORE
  • 検索ユーザー目線に立ったサイト作成が何よりのSEO対策

    SEO対策といえば「キーワード比率の調整」「被リンクの獲得」などが有名です。確かに、それらを意識しサイトを作成することも重要だといえる…

    MORE
  • 内部リンクの充実は重要なSEO対策のうちの一つ

    自分のサイト内の記事から他の記事へとリンクを送る「内部リンク」。SEO対策のうち、内部施策のうちの一つとしても有名です。内部リ…

    MORE